大江戸綜合法律事務所

Blog

海外ビジネス応援ブログ

☕【プリズンブレイク】ベトナムで捕まったらどのように脱走するか?

☕コーヒーブレイク 相談事項について ベトナム現地メディアの記事で、次のような変わった法律相談がありました。 逮捕されたらどのようにして刑務所から脱出しますか? (Hình phạt n ・・・[記事の詳細へ]

【時間外労働】ベトナムで従業員に10時間連続して働かせたケース

投書による労働相談 ベトナムの現地メディアで、次のような法律相談がありました。 会社では緊急の注文があるとして、上司が従業員に対して10時間連続して働くように強いています。勤務時間は午前7時から午後5 ・・・[記事の詳細へ]

〖ミャンマー〗新著作権法~2019年5月24日成立・施行日未定~

約100年ぶりの著作権法の改正 ミャンマーにも、従来から著作権法が存在していました。英国統治時代に制定されていた1914年著作権法です。 もっとも、これは形式的には効力のあるものとして存続していたもの ・・・[記事の詳細へ]

中小メーカーのベトナム進出の方法について

ベトナムへの進出方法について 今回は中小のメーカーがベトナムに進出して営業活動を行う方法をご紹介します。 中小メーカーが現地で製品を販売するためには、現地で営業活動を行う拠点を持つ必要があります。イン ・・・[記事の詳細へ]

日本企業がミャンマーに進出する際に現地の土地を所有できるか?

ミャンマーでの外国人土地所有   ミャンマーでは、日本人や日本企業は事実上、土地を所有(厳密に言えば、土地使用)することはできません。これは不動産譲渡制限法によって外国人の不動産の取得に規制 ・・・[記事の詳細へ]

【ミャンマー】未収金の時効管理~はじめに~

ミャンマーの法体系   ミャンマーの法律について、そもそも日本ではあまり知られていないと思いますので、まずは簡単に特徴をお話ししておきます。   ミャンマーでは、その歴史的背景が影響して、法 ・・・[記事の詳細へ]

【海外取引】外国公務員への贈賄について(不正競争防止法違反)

ベトナム総領事館の領事に対して贈賄が行われたとの報道 2020年6月11日の日経新聞で、 三重県警は、6月10日、在大阪ベトナム総領事館の領事に対し、証明書の不正発行を求める趣旨で現金を供与したとして ・・・[記事の詳細へ]

【ミャンマー】新型コロナウイルス関連~経済対策基本方針「CERP」

ミャンマーにおけるコロナウイルス関連の経済対策基本方針   2020年4月27日、ミャンマー政府は、COVID-19 Economic Relief Plan(CERP)(https://w ・・・[記事の詳細へ]

【ベトナム】未収金の時効管理~ベトナムの消滅時効ルール②~

消滅時効の再開始 これまで、日本と中国の時効制度について説明しましたので、これらと比較しながら簡単に説明したいと思います。    ベトナム法でも、日本法の時効の「更新」に相当する「再開始」と ・・・[記事の詳細へ]

【ベトナム】未収金の時効管理~ベトナムの消滅時効ルール①~

はじめに 今回からは、ベトナムでの時効の管理についてお話しします。   日本と比べると、債権を失うまでの期間がとても短いことが特徴的です。 ベトナム法における「消滅時効」の制度   ・・・[記事の詳細へ]

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

オンライン面談
はこちら